一級建築士事務所の安心リフォーム!
京都・大阪エリアで年間1,200件の実績!

  • 京都市にお住まいの方受付9:00〜19:00(日・祝のみ17:00まで) 075-761-4343 0120-328-049※携帯電話からでもフリーダイヤルへつながります。 夜間 大阪ガスお客さまセンター 0120-8-94817 池田市にお住まいの方受付9:00〜19:00(日・祝のみ17:00まで) 072-751-1100 0120-099-328※携帯電話からでもフリーダイヤルへつながります。 夜間 大阪ガスお客さまセンター 0120-5-94817 八幡市にお住まいの方受付9:00〜19:00(日・祝のみ17:00まで) 075-981-8401 0120-01-8401※携帯電話からでもフリーダイヤルへつながります。 夜間 大阪ガスお客さまセンター 0120-5-94817
一級建築士だより

スレート屋根のリフォーム工法選び

ikyu_56

スレート屋根とは、薄い板状になった屋根葺材の事で、様々な種類があります。
今回は、セメントタイプスレート屋根のリフォームポイントをご紹介します。

屋根リフォームで大切なことは、時期の見極め。
タイミングを逃してしまうと、後に多額の費用を要する事も!

《築10年目》
スレート屋根は10年を過ぎる頃から、表面の劣化が著しく始まります
汚れや苔の付着、色あせ、割れや反りなどが起きる事も。
棟の下地が腐食し笠木を止めている釘が浮いてくる事もあります。
先ずは専門家による点検をお勧めします。

《築25年目》
スレート屋根の寿命は約30年が目安です。
25年を超えると、割れや反りなどが起き始め、劣化が進みます。
カバー工法葺き替えリフォームを検討しましょう。
カバー工法とは、既設屋根の上に新たな屋根材を乗せて2重にする工事。
工期が短く費用も節約できます。
葺き替えとは、既設屋根を撤去して新しい屋根材を乗せる工事です。
下葺き防水シートの交換も含むため、屋根全体の健康を保つ事になります。
また、軽い屋根材を選ぶ事で耐震性向上も可能です。

屋根工事では足場を掛ける事も多いので、
外壁塗装・雨樋交換工事等も一緒に検討されるのもお勧めです。

ikyu_colum54

PAGE TOP