一級建築士事務所の安心リフォーム!
京都・大阪エリアで年間1,200件の実績!

  • 京都市にお住まいの方受付9:00〜19:00(日・祝のみ17:00まで) 075-761-4343 0120-328-049※携帯電話からでもフリーダイヤルへつながります。 夜間 大阪ガスお客さまセンター 0120-8-94817 池田市にお住まいの方受付9:00〜19:00(日・祝のみ17:00まで) 072-751-1100 0120-099-328※携帯電話からでもフリーダイヤルへつながります。 夜間 大阪ガスお客さまセンター 0120-5-94817 八幡市にお住まいの方受付9:00〜19:00(日・祝のみ17:00まで) 075-981-8401 0120-01-8401※携帯電話からでもフリーダイヤルへつながります。 夜間 大阪ガスお客さまセンター 0120-5-94817
生活のヒント

食中毒の予防に調理環境の徹底除菌!

SK_vol63

暑くてじめじめとした時期は、食中毒の主な原因となる細菌の増殖が活発になり、
「細菌性食中毒」が発生しやすくなります。
予防には食材の管理だけでなく、調理環境の対策が必要です。

食中毒予防のために重要なのはシンクの掃除
シンク内の水滴には調理や後片付けの過程で、
細菌が好む目に見えない汚れが溶け込んでいます。
除菌効果のある食器用洗剤で洗い、
マイクロファイバークロスなどを使って水滴が残らないように拭き上げましょう。

さらに、まな板についた雑菌はそこから食材に移る危険が高いので、
食器用洗剤でしっかり洗ったら、両面にゆっくりと熱湯をかけましょう。
週に1度は塩素系漂白剤を使って殺菌しておくとさらに安心ですよ。
まな板と合わせて、布巾も塩素系漂白剤に浸して殺菌しておくのもおすすめです。

SK_column63

 

PAGE TOP