一級建築士事務所の安心リフォーム!
京都・大阪エリアで年間1,200件の実績!

  • 京都市にお住まいの方受付9:00〜19:00(日・祝のみ17:00まで) 075-761-4343 0120-328-049※携帯電話からでもフリーダイヤルへつながります。 夜間 大阪ガスお客さまセンター 0120-8-94817 池田市にお住まいの方受付9:00〜19:00(日・祝のみ17:00まで) 072-751-1100 0120-099-328※携帯電話からでもフリーダイヤルへつながります。 夜間 大阪ガスお客さまセンター 0120-5-94817 八幡市にお住まいの方受付9:00〜19:00(日・祝のみ17:00まで) 075-981-8401 0120-01-8401※携帯電話からでもフリーダイヤルへつながります。 夜間 大阪ガスお客さまセンター 0120-5-94817
ピックアップ!レシピ!こだわりレシピ「季刊 サマサマ」

春のお祝いごはん

「鯛飯蒸し 桜あん」

samasama vol.56

recipe_2_vol56

作り方

  1. 鯛の身の方から中央に、厚みの半分くらいまで包丁で切り込みを入れます。切れ目から左右に向かって、切り離さないように包丁を寝かせて切り開きます(観音開き)。それから塩、酒をふり、しばらくおきます。
  2. 桜の葉は塩抜きをします。葉脈を取って粗みじんに切り、おこわに混ぜます。
  3. 鯛の皮目を下にしておき、4等分にしたをのせて包みます。皮目を上にしてアルミホイルの上に置きます。上からアルミホイルをかぶせて包み、水なし両面焼きグリルで焼きます(上下強火 約8分)。
  4. 鍋に(A)を入れて火にかけ、水溶きくず粉でとろみを付けます。塩抜きした桜の花をほぐして加えます。
  5. 絹さやは塩ゆでし、斜め半分に切ります。
  6. を器に盛り、をかけてわさびと塩抜きした飾り用の桜の花をのせ、を添えます。

材 料|【4人分】

鯛…4切れ(1切れ50g)
塩…少々
酒…少々
おこわ…1/3合分
桜の葉(塩漬け)…1枚

(A)
だし汁…1カップ
酒…大さじ1・1/2
みりん…大さじ1/2
薄口しょうゆ…小さじ1/2
塩…少々

桜の花(塩漬け)…5g
水溶きくず粉…適量
絹さや…6枚
わさび…適量
桜の花(塩漬け・飾り用)…4枝

>> 2020 winter/spring サマサマvol.56できました。

>> こだわりレシピ「季刊 サマサマ」について

PAGE TOP